フランス パリ旅行 レストラン

旅行

P1040360[1]

マラソン前夜はうどんをしこたま食べたし、朝食も力うどんやったし(ビジュアル的には力が抜けそうなうどんだったが)

走る前はバナナとカステラやし、走り終わった後もカステラやし。


タンパク質が足りとらん、「肉喰いに行こ、肉」って事での訪問。


人気店とは承知していたが、なめてたわ。

開店15分前くらいに到着したら既に長蛇の列。

ざっくりと見た感じ50人目位やったかな。


が、デカ箱のレストランなのでなんとか1順目に着席できた。





P1040207[1]

メニューは1種類。

パン+サラダ+ステーキ。

肉の焼き具合を聞かれるだけ。


サラダにかかってるマスタードドレッシングがシンプルに良かった。





P1040214[1]

冷めない様にとの配慮から、まず最初に肉の定量の半分を提供される。

食べ終わったら残りの半分。

ステーキにはバタータップリで少し酸味の利いたソースがかかってる。

肉はもちろん和牛の様に脂を味わうのではなく、、外国スタイルの肉を味わうタイプ。





P1040218[1]

デザート。

メレンゲ、バニラアイス、メレンゲ、ラズベリーアイス、メレンゲ、生クリームがタワーになった物。

2人で1個でいいと思うで。。。





P1040199[1]

ステーキのメニューが26.5€位。

デザートが7€位やったかな。


シャンゼリゼから近い割りに安いで。



le Relais de l’Entrecote
15 Rue Marbeuf – 75008 Paris
Tel +33 1 49 52 07 17






下の写真、このレストランの前をボッサ~っと通っていたら何かピンと来たので

翌日のランチで予約して行ってみた。


日本人シェフのお店だったんやけど、ごっつい良かった。


P1040650[1]

そんなに時間が無かったので、コースメニューではなくてランチを注文。

おつまみシュー。





P1040653[1]

アミューズ。

食べるまでもなく解った。

美味しい。





P1040656[1]

パンが中まで超アツアツなのが嬉しい。

持たれへんくらい。


通常この手のパンは周りだけ熱くなると思うんだが・・・

なにか特別なオーブンでも使ってるんかな?





P1040660[1]

ま~
キレ~


マグロと茄子の白味噌のソース・・・

やったかな。

透明のソースはほんの少しだけピリ辛。


ソースはシェフ自らかけに来てくれる。





P1040664[1]

仔牛だったかな?

仔豚だったかな?

忘れてしもた。


のロースト。






P1040665[1]

添え物のエリンギもとても美味しい。





P1040670[1]

デザート。





P1040674[1]

コーヒーのお供。





P1040678[1]

お昼のランチ45€/人。

この質でこれは安い。

次回はディナーで再訪したい。


大満足。



Pertinence
29 rue de l’Exposition 75007 Paris
Tel +33 1 45 55 20 96






P1040623[1]

このお店もとても良かった。

上の写真はマグロのTATAKI。





P1040625[1]

タコのグリル。





P1040630[1]

鴨肉。





P1040634[1]

イベリコ豚のグリル煮込み。





P1040636[1]

カフェオレ。





P1040640[1]

最初、コースメニューを注文しようとしてたが

店員さんに「絶対に多いから止めとき」と何回か言われたのでカルトで注文した。

なぜ、そんな量の多いメニューが存在してるのか不思議ではあるけど・・・

確かにカルトでの注文にして良かった。

店員さん、ありがとう。

お腹いっぱい。


こちらのお店も美味しくて大満足。




POTTOKA
4, rue de l’exposition 75007 PARIS
Tel +33 1 45 51 88 38






P1040696[1]

ドイツへ帰る電車の中でブリオッシュフォイユテ。

パリ北駅のPaul(パン屋)さんの横にある、名も知れぬお店で購入した物やけど

とても美味しい。


結局いつもながら、どこで何を食べても殆ど美味しいパリだった。










関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP