レバノン料理屋さんへ行って来た。

外ごはん

先日、普段あまり行動しない場所にあるレバノン料理屋さんへ行って来た。
上の写真は前菜で注文したラム肉のハムとルッコラのサラダ。

お店の外観の写真を撮りたかったけど、テラス席で若い男女が揉めてたので無し。
面と向かって男女が罵り合ってる。
携帯電話というツールではなく面と向かって罵り合ってる姿が微笑ましく見える。

パッションやな、パッション。

 

5€くらいなのに盛りが良い。
ドレッシングもなかなか神秘的な味で興味深い。

 

メイン、僕はMixグリルを注文。
牛肉、ラム肉、鶏肉、と多分ラム肉と牛肉の合い挽き肉のグリル。

 

奥さんはラムチョップ。

「注文するやろな・・・」って思って見てたらやっぱり注文した。

女性の方は好きよね、コレ。

 

無料でついて来る食後のデザート、ミントティーとゴッツイ甘いお菓子。
ゴッツイ甘いねんけど味は美味しいよ。

2人で行って前菜1品、メイン2品の注文で丁度エエかも。

最初にツマミみたいな物も出てくるのでお腹いっぱいになるで。

Sannin
Kölner Str. 61, 40211 Düsseldorf
Tel 0211 1710505

 

 

 

 


 

今日は奥さんが頭痛でやや調子が悪いので、たっての希望により「餡かけうどん」。

具は冷凍庫、冷蔵庫にある物を使って冷蔵庫の要らん物一掃セール。

なので、おのずと人参のたっぷり入ったうどんとなった。

味付けは出汁、薄口醤油、味醂、以上。

 

溶き卵入りの餡かけを作る時は、先に片栗粉でトロミを付けてから溶き卵を入れるんやで。

ポイントはそれくらいっすかね。

 

 



レシピブログに参加中♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP