フランス パリ旅行 晩めし編 1

旅行

パリ、晩めし編 その1。

ここでも晩御飯食べに行ったレストランの記事上げとくわ。



P1260065[1]

ムーランルージュから歩いて10分位の所にあるビストロへ。



P1260028[1]

予約は必要やで絶対に。

見てると予約無しで食べに来た人は、全員入られへんかった。

その数、とにかくイッパイ。

っていうか、パリにおいて『予約無しで美味しい物をなんとなく食べに行こう』

は、ちょっと難しいんちゃうかな。



P1260048[1]

3コースで。

チョイスにはかなり迷った。


ウニ・・・か・・

アスパラ・・・

牡蠣・・・


ん~



P1260031[1]

迷った末、アスパラと仔牛のタンの前菜に。

奥さんは牡蠣(写真は無し)。



P1260040[1]

メインは鶏胸肉。

奥さんは帆立(写真は無し)。



P1260043[1]

デザートはスフレ。

奥さんはザボン、白チョコ、タラゴンアイス。

ご飯は美味しいし、CPも良し。

お勧めやで。



Le Pantruche







P1260327[1]

美術館も行った。

Musee Jacquemart-Andre








P1260494[1]

ロダンミュージアムも。



P1260512[1]

ロダン氏。



P1260515[1]

これはゴッホが描いたタンギー爺さん(画材屋さん)。


タンギー爺さん
「タンギーは貧しい芸術家たちに理解を示し、絵画で画材代の支払いをすることも認めていたという」
By ウィキペディア

このおじいさんが居なかったら、ゴッホとか画家として存在しなかったかもですね。



Musee Rodin








P1260334[1]

こちらは上記記載、Le Pantrucheの姉妹店。



P1260339[1]

メニューはフランス語のみ。

レストラン内で、アイフォンのピコピコはポリシーに反するが仕方が無い。

アイフォンでフランス語を調べながらなんとか注文。(奥さんが)


僕は、「隣のテーブル何食べてんだろう?」

とか、他のテーブルが気になってずっとキョロキョロしてた。




P1260341[1]

前菜はイカ。



P1260346[1]

メインは柔らか豚肉。



P1260350[1]

デザートはブリオッシュをフレンチトースト状にした物とアイスクリーム。


こちらのお店も姉妹店、Le Pantruche同様に美味しくて、CP良し。


個人的にはLe Pantrucheの方が、ちょっと好きかな。

でも、こちらのお店もお勧めやで。


Caillebotte








関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP