フランス パリ旅行 マラソン編

旅行

正直な話、一年前までは

「なんでお金払ってまで走らんとアカンの?しんどいやん・・・」

って思ってたマラソン大会。


なんとなく思いつきでパリマラソンに参加してみた。


まず、大会関係者の方々、沿道で応援して下さった方々、ボランティアの方々

警備、警察の方々、フランス、パリ市民の方々に御礼を申し上げたい。


結果的に、とても良い思い出となる素晴らしい経験となった。



P1260179[1]

初マラソン、最後の方は足、プルプルやったけど何とか完走。




P1250981[1]

話は戻って。

朝、家を出てお昼頃パリに到着。

マラソン大会のゼッケンを取りに行く前に、クレープ食べに行った。

上の写真はスモークサーモンのガレット。



P1250984[1]

洋ナシとマロンクリームのクレープ。

洋ナシとマロンクリームって、女の子は超惹かれるんちゃう?

僕はオッサンやけど惹かれた。



P1250991[1]

美味しかったで。


従業員の人が昼の賄いで、ガレット食べとったけど

いくら美味しくても毎日はチョット・・・

やな。


Le Petit Josselin
59 rue du Montparnasse,75014 Paris,France
Tel +33 1 43 22 91 81




P1250993[1]

さて、ゼッケンを受け取りに。

目指すは優勝。

ライバルはケニア勢。


冗談や。




P1250995[1]

初マラソンやし、人に迷惑をかけたらあかんので

やや遅めの組での参戦。



P1260004[1]

マラソンのメッセですわ。



P1260003[1]

スポーツ用品、食べ物、プロテイン等等、色んなブースが。



P1250999[1]

フランスパン配ってたので貰った。

流石バケット王国、こんな所で配ってるパンでも美味しい。



P1260118[1]

翌日のコースの下見。

ここまでたどり着けるといいんだけど・・・



P1260125[1]

明日の為にエネルギー補給。

日本人なので、ぶれずにモンブラン。



P1260127[1]

晩御飯はエネルギー摂取と内臓の負担にならない炭水化物で。

揚げ餅入りうどん。

美味しかったで。



喜心
7-9 Rue de Ponthieu 75008 Paris France
Tel +33 1 71 26 77 28


翌日に備え、この日は22時30分就寝。



P1260133[1]

マラソン大会当日、朝6時起床。

エネルギー摂取の為、またうどん(餅入り)。

ホテルでインスタントうどんを自分で作ったが、ご覧の通り、あまり美味しくない。



P1260135[1]

9時頃シャンゼリゼ通りへ。

天気も良いし、絶好のマラソン日より。

でもトイレ、ダダ込み。



P1260142[1]

出発まで時間が無いのに、トイレが超混雑で焦る。

しかも何故か、ひとりひとりの使用時間がながい。

みんななんか?



P1260146[1]

スタートのゲート、ここからはウチの奥さんが写真撮影。

僕はこの人込みの中の後ろの方におる。



P1260153[1]

こんな感じで皆さん頑張って走ってはりました。

ゼッケンに名前が書いてるので、見知らぬ国のアジア人の僕を沿道にいる人達が

大きな声で名指しで応援してくれる。

「ぽっちゃり、もうちょっとや、がんばれ~

これが不思議なほど力になった。


中には途中足が痛くて走れなくなった人を、ぜんぜん知らん別のランナーが介抱してた。

素晴らしく、非常に美しい光景だった。



P1260222[1]

ゴール後。

ほとんどの人が、足が痛そう。

半数以上の人がビッコひいてる・・・


が、みんな達成感で満足している表情。

とても仕事ではこうはならない。


時間が経つにつれ、松葉杖が要るくらいほんまに足が痛い。



P1260163[1]

走り終わって、みんな芝生でくつろいでいる光景。

僕も芝生の上で、くつろいでストレッチしたりした。

が、益々足が痛い。


痛いよ~


痛いよ~




IMG_2438[2][1]

こんなに疲れて、お金も時間も使って、足も痛くて・・・

でも、ココ近年に無くすごくハッピーな気分。


ちなみに時間は4時間22分。

完走しただけで大満足ですわ。







関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP