安い牛肉とコンニャクとゴボウの味噌煮込み

夜ご飯

人間歳を取ると変わるもので、自主的にドイツ語の学校に行き始めた。

家庭教師もしてるし塾にも行ってるし。

ええ所の坊ちゃんみたいやろ。

でも、言うといたるわ。


出来は悪いで。



最初の日は授業開始ギリギリに到着。

事もあろうに教室内の席がほとんど埋まっていて、止む無く最前列に着席。

子供の頃から慣れている席と言えば慣れてるとも言える。


日本武道館でいう、超SS席。


「非常によくないな、このポジショニングは・・・」



と思ってた矢先に、指名を受けてしょっぱなの自己紹介を命ぜられた。


そして、けっこう嚙んだ。


2時間半の長丁場の授業が終わった頃には、ぐったりしていた。



何かを変えていかないと何も変わらないので決められた期間、登校拒否にならずに

頑張って通学しようと思ってる。


登校拒否になって引きこもったら誰か迎えに来てね




P1150117[1]

さて、昨日の晩御飯は味噌煮込み。






P1150090[1]

先日、安くて結構スジの付いた牛肉が売ってたので迷わず買った。

あんまり売ってないから貴重やねん、牛スジ。

0.67€/gやで。






P1150091[1]

レシピ

安い牛肉         600g
コンニャク         1個
ゴボウ           半分
*牛スジを煮たスープ   320cc
*出汁            160cc
*砂糖             20g
*醤油             大2
*酒              大2
*味醂             大2
*合わせ味噌         50g
*八丁味噌          50g
*鷹の爪            2個


作り方

1.コンニャク、ゴボウは切って下茹で
2.牛スジ肉をカットし鍋で茹で灰汁をキレイに取る
3.2を茹で汁ごと圧力鍋に入れて30分圧をかける
4.別鍋に*印を全部入れて沸かす
5.4に牛スジ、コンニャク、ゴボウを入れる
6.10分位弱火~中火にかけ、適度な所で火を止めて完成
7.作った次の日に食べた方が味が乗ってて美味しいと思うで


しかし、上の写真は全く美味しそうに見えへんな。

まぁ ご愛嬌っちゅう事で。







P1150106[1]

ドイツの牛スジは何処へ行ってんだろう?

ドイツに来た当初、肉屋さんに「牛スジ」を注文しに行ったら、店員さんは「何を言ってるのか分かれへん」

みたいな感じだったし。


たぶん、スジごとミンチマシーンにかけてハンバーグになってんねやろな。







P1150100[1]

久しぶりに牛スジが食べれたので結構ハッピーな晩御飯だった。









関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP