デンハーグへ行って来た。

旅行

先日、デンハーグとロッテルダムに行って来た。

遊びに。


久しぶりやわ、オランダ。



P1320793[1]

デンハーグの美術館っちゅうたら、マウリッツハイス美術館やな。

しかし、余裕かましすぎた・・・

完全予約制の入場だった為に行かれへんかった。

段取りが悪かった。


もし、これが彼女との初デートだったとしたら「段取りの悪い、デキない男」

って思われてただろう。




P1320744[1]

お腹が空いたので、ホテルの近くにあったカフェへ。




P1320753[1]

Walter Benedictって言う名前のカフェやったので、もちろんEGGS BENEDICTを注文。

ブリオッシュの上に、ハム、玉子、ホーランデーズソース。




P1320758[1]

なんとなく入ったカフェだったけど、キレイに作ってあって美味しかったわ。

お満足。



Walter Benedict
Denneweg 186-68, 2514 HZ Den Haag,
Tel +31 70 785 3745




P1320938[1]

ぽ「久しぶりにニシン、いっとこか?」

奥「え~ ニシン~?このクソ暑い時期に?」



P1320937[1]

「無茶苦茶美味しいな、オランダニシン、脂乗ってるし最高やわ」

食後の奥さん談。




P1320761[1]

Escher美術館へ。




P1320764[1]

エッシャーさんはだまし絵で有名な方ですね。




P1320779[1]

やっぱ、感性が違うな、ワシと。




P1320788[1]

奥さんも画を習っている様なので、早く売れる画家になって

養ってほしいと思ってる。




P1320805[1]

コーヒー休憩後、ホテルに帰って昼寝してディナーへ。

って言う、グウタラなプランで。




P1320814[1]

さて、一日の締めとなるイベントの夜ご飯。

今回はフュージョン系のちっさなお店へ。

カウンターの一番キッチンに近い所に座らせていただく。

キッチン、むっさちっさい。




P1320811[1]

こちらのお店はコース料理のみ。




P1320855[1]

白ワインで一杯。




P1320809[1]

ワインペアリングではなく、ノンアルコールペアリングって言うのがあったので

面白そうだったのでそれも注文してみた。

料理に合わせたノンアルコールの飲み物が6種類出てくるってやつ。




P1320818[1]

最初のおつまみ。

何かしらの種のチップスと、燻製のクリームディップ。




P1320822[1]

〆た鯖とクリアトマトのスープ。

最初の1、2品で今日のお店が当たりかどうかは分かるよね。

この日は当たり。




P1320827[1]

黒大根と大トロ。

大トロは下の方に隠れてる。




P1320830[1]

このパンとバターも美味しかった。




P1320841[1]

手長海老のお皿。

ドイツのスーパーでも新鮮な魚売ってくれへんかな・・・




P1320843[1]

手で食べるロブスターとホーランデーズソース。

火入れ具合が最高やったな、これ。




P1320851[1]

キングクラブ、イクラ、コンソメ。




P1320858[1]

舌平目のお皿。

新潟名物の「かんずり」を料理に少し使ってた。

そんなん、ココのシェフどうやって知ったんやろ・・・




P1320862[1]

鴨、キャビア、キュウリ。




P1320875[1]

デザートはカボチャの種、パッションフルーツアイス、キャラメルのクリーム。




P1320885[1]

最後にエスプレッソと焼き立てマドレーヌ。


全部のお皿、ポーションは小さいけど食べ終わるころには丁度良くなってる。


お満足.。


また行きたい。



Portfolio 
Prinsestraat 36
2513 CD Den Haag
Tel +31 70 219 9691




P1320897[1]

食後、夜のお散歩。




P1320894[1]

何気ない夜のパサージュ。

特に意味はない。




P1320905[1]

なかなか充実した一日だった。







関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP