11月 また日本へ

生活日記

うちの母親は、いつになったらスタバで普通にカフェラテを注文できるねん。

って言うのはおいといて、また日本へ行ってました。



P1000337[1]

ドイツから日本へ行く飛行機は日本人でいっぱい。

そんな中でドイツ人CAから僕だけに無言で渡された外国人入国カード。

どうも日本人には見えへんらしい。

よく人に言われるのが北アフリカ系、または中東系。




P1000415[1]

実家の広島へ帰る前、昨年同様1人で鹿児島へ寄り道。

良いよ鹿児島は。

人が親切やし、のどかやし。





P1000448[1]

昨年は時間の都合上、少ししか西郷さんの歴史関係場所を回れなかったので

今年は重点的に西郷さん。




P1000445[1]

西郷さんの生まれた場所。

後光がさしてる。




P1000353[1]

西南戦争の終盤、政府軍の城山包囲の中、西郷さんはこの洞窟で過ごし

薩軍の指揮をとっていた。




P1000357[1]

日本はこの時代、気合、根性の入っていた人が多い。

男たる者、基本この姿勢を崩してはあきませんな。




P1000365[1]

別府晋介に介錯を頼み、自刃した場所。




P1000375[1]

島津光久が作った島津家の別邸、仙巌園。




P1000385[1]

仙巌園内の御殿近くの庭。

遠くに見えるのは桜島。





P1000381[1]

園内にある、ぢゃんぼ餅屋にて休憩。

メニューには、醤油味×6本。 味噌味×6本。 きな粉味×6本。(お茶付き)

とあったので、お兄さんに聞いてみた。


ぽ「すいません、醤油と味噌、ミックスで6本で買えますか?」

店「大丈夫ですよ、きな粉×2、醤油×2、味噌×2でもいいですよ」

って言われたので、うっかりテンパってしまった。


えっ、いや、まてよ、昔の薩摩武士はそんなナンパな選択はしないだろう。

昔だから、きっと醤油、味噌に決まっている。


ぽ「ん~  醤油×3と味噌×3でお願いします」





P1000378[1]

食べ進むにつれ、後悔した。

なぜ注文時に変に薩摩武士魂を出してしまったんだろう・・・

しかも広島育ちやし。

普通にきな粉餅も食べたい。





P1000382[1]

ひと口サイズで食べやすく、柔らかくてとても美味しかった。





P1000393[1]

御殿。

殿様の別荘的な感じかな。




P1000397[1]

なんと。




P1000398[1]

島津斉彬と勝海舟がココで会ってるんか・・・

すげー。

超すげー。





P1000400[1]

仙巌園、歴史もありキレイで美しくとても良い場所だった。

少々言わせて頂けば、芸能人のサインとか、ココに女優が座って撮影したとかの看板が

ちょっと・・・





P1000421[1]

さて、鹿児島滞在中に食べた物シリーズ。

まず、とんかつ。




P1000335[1][1]

特上ロースカツ。

とても美味しい。



川久
鹿児島県鹿児島市中央町21-13
Tel 099-255-5414





P1000424[1]

せっかくなので、鹿児島のラーメン。

見た目よりもあっさりで美味しかった。




豚とろ 鹿児島中央駅前店
鹿児島県鹿児島市中央町3-3神宮ビル1F
Tel 099-258-9900





P1000429[1]

こちらのお店、定食屋的な存在でしょうか。


アジフライもむっちゃ美味しそう・・・

カンパチのカマか・・・


かなり迷ったけど、W漬けカンパチ丼を注文。




P1000427[1]

Wっていうのは、丼にご飯、カンパチ、ご飯、カンパチってな感じの

ビックマック状態の丼。

1000円位だったかな?

普通の漬けカンパチ丼は500円くらいやったと思う。

安いし1人でも入りやすいし、良いですよ。



づけ丼屋 桜勘
鹿児島県鹿児島市中央町22-16アエールプラザ1F
Tel 099-298-5550





P1000436[1]

「せっかく鹿児島まで来たんやから、豚しゃぶしゃぶでも食べに行こう」って思って

向っている途中で惹きつけられたカレー屋さん。

このノスタルジックな感じが超魅力的。

口の中は完全カレーモードで、しゃぶしゃぶは中止。





P1000434[1]

カツカレー大盛りをセットに。

セットはサラダと珈琲付き。

1000円位。

とっても美味しかった。



カレー ショップサフラン
鹿児島県鹿児島市中央町2-5
Tel 099-253-4858




P1000467[1]

たまには鰻でもいっとこか・・・




P1000463[1]

松竹梅、各種3種類のメニューがあり

こちらのお店、うな丼はご飯の上に鰻とタレがのってくる物、うな重はご飯と鰻が別。

松が大、竹が中、梅が小。

カツカレーを食べた直後だったので、うな重の梅でいいや。

結局ご飯の上に鰻をのせて食べた。

うな丼でよかった気もしたが、いずれにせよ美味しかったのでお満足。

結構歴史のあるお店のようですな。




うなぎの末よし
鹿児島県鹿児島市東千石町14-10
Tel 099-222-1525








関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP