タンメン

夜ご飯

先日久しぶりにRestaurant&Cafe、Heinemann(ハイネマン)へ行ってきた。

と言っても3か月ぶりくらい。


しかし、何や知らんなごむわココ。

多分客層がしっとりしてるのと、わしがドイツ人化してきてるから。

ヤバいな・・・


珍しく季節感タップリ?のモンブランがあったので早速注文。



P1350773[1]

こちらのモンブランを食べるのは十年ぶりくらい。

中がメレンゲじゃなくて下にスポンジを敷いてるタイプ。

アルコールが弱い僕にとっては少々アルコールが強いかな。

まぁ、好みの問題やろね。


しかし、ココは総合的な意味で安定感抜群のカフェやで。



さて、晩御飯。

鶏モモを捌いたのでついでに鶏スープをとった。


今日の晩御飯はコレを使って『タンメン』。

でもタンメンとチャンポンの違いがよくわからないのでネットで調べてみた。


タンメン
野菜と豚肉を炒めた具材を、鶏ガラベースのスープで煮込み、麺と共に盛り付けた物。
(関東発祥)

チャンポン
野菜と魚介類、豚肉、かまぼこ等の具材をラードで炒めた物を、豚骨と鶏ガラのスープで
中華麺と共に煮込んだ物。
(長崎発祥)

こういう事らしいですわ。



P1350595[1]

材料

豚バラ肉
木耳
白菜
人参
玉ネギ
ネギ
ブロッコリー

味付け

鶏スープ
昆布
味の素
薄口醤油
塩、胡椒

あっさり味で僕の様に控えめな感じで作った。

麺は市販の物で。




P1350605[1]

あっさりで美味しかったよ。






関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP