いんげんの胡麻和え

夜ご飯


先日の歯医者へ行く前の日の晩御飯。

『いんげんの胡麻和えとノーマルな豚カツ』

ごまの和え衣レシピ

  • 白ゴマ  大3
  • 醤油   大1
  • 砂糖   大1
  • 味醂   少々
作り方

  1. 熱湯に塩を入れていんげんを茹でて冷まし、適当な大きさに切る
  2. すり鉢に炒ったゴマを入れてする
  3. 2に醤油、砂糖、味醂、インゲンを入れて和える
 

 

 


 

美味しいよね、胡麻和え。

いんげん豆の名前の由来って知ってる?

中国の「隠元さん」が日本に持ち込んだんやって。

そやから「いんげん豆」。

ずいぶん昔、食べ物関係の仕事をしてた時に先輩が言うてたわ。

 

 

 


 

歯医者に行く前日だったので、重量、噛み応え、共にしっかりした物を食べたい。

なので、普通な豚肩ロースの豚カツ。

 

 

 


 

僕ね、歯医者さんが超苦手なんっスよ。

ピュアに痛いし、怖いし、「ねぇ、次は何?何をすんの?」って思いながら

治療を受けてると心臓の鼓動も激しくなってくるし。

一番痛みの激しい治療はなんや言うても根幹治療やろな。

これが一番最悪や。

ツボにはまればかなりぶっ飛べる。

麻酔が無かった時代の人はどないしてたんやろな?

しかし、今回は新規訪問の歯医者さんやったけど、素晴らしく良い歯医者さんやったわ。

ちっとも痛くなかったし。

 

 



レシピブログに参加中♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP