マーストリヒトへ

生活日記

昨年の豪雨災害の為、日本の実家の名義変更をせんとあかん。


まず、名義変更。


①祖母→自分 [emoji:v-358]

②祖母→母親→自分 [emoji:v-357]


①は母親をスキップしてるので出来ないらしい。

②のやり方でないとアカンらしい。

要は手数料を2回徴収する為に。

しかも値段が全く可愛くない。

名前変えるだけやのに。


これはさかのぼる事20年前、フランスのニースでうっかりボッタクリ店に入ってしまい

怖い人も出てきて、かなりボッタクられそうになった時よりもひどい。

ボッタクリ店でもフルーツ盛りとビールだけでこの金額の請求はよこさなかった。


合法な暴力ですな。


すまんな、なんか腹が立ったので愚痴ってもたわ。




さて。


先日のそんなに天気の良くない日、オランダのマーストリヒトへランチしに行って来た。


行く当日、奥さんは偏頭痛に見舞われキャンセル。


誰にも言うたらアカンで、ココだけの話1人の方が好き。



P1030877[1]

ずいぶんと昔、この町にちょっと住んでた。

この街、住めば都なんですわ。

良いレストランもちょこちょこあるしね。





P1030867[1]

のんびりとしたエエ所やで、マーストリヒト。





P1030865[1]

週末やから人は多かった。


ヨーロッパのいい所は古い物を残す文化。

昔から殆ど変わらない。





P1030847[1]

この日は暑くも無く寒くも無く、天気もそれほど良くは無く、かといって悪くも無く。


みんなは川辺でだらけてる。





P1030857[1]

ピーナッツバター専門店が出来てた。

Naturalピーナッツバターを1つ購入。



De Pindakaaswinkel
Wolfstraat 5
6211 GM
Maastricht





P1030843[1]

お昼ごはんへ。

当初、奥さんとオシャマレストランへ行く予定やったけどそちらはキャンセル。
(当日朝のキャンセルでレストランさん本当にすいません。全部ウチの奥さんが悪いです。)


気分が何だか肉になってきたので、昔懐かしいステーキ屋さんへ。


こちらは一番最初アムステルダムに駐在した時に、最初の休みの日に食べに行ったレストランで

オランダにあるチェーン店。





P1030824[1]

ステーキにするかスペアリブにするか真剣に悩んだ。

こちらのお店スペアリブは食べ放題。

もう、放題って歳ではないのでリブアイを注文。





P1030835[1]

サイドディッシュの王道、サラダ、フライドポテトも注文。





P1030837[1]

僕は霜の入りまくったお肉よりも、赤身で食べ応え、噛み応えのある肉の方が好き。


十数年以上ぶりのGauchos、美味しかった。



Gauchos Grill Restaurant
Vrijthof 52
6211 LE
Maastricht
Tel 043 325 5022






P1030846[1]

食後のコーヒータイム。

サンドイッチとか食べ物もあり。





P1030882[1]

人の良い感じのおっちゃんが働いてはる。

コーヒーも美味しかった。




Kaldi Maastricht
Wycker Brugstraat 40
6221 ED Maastricht
Tel 043-203 00 01








関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP