イタリア かかと旅行(Alberobello、Polignano) 3

旅行

宿のオバちゃんのお勧めにより、日帰りでバーリ近郊の町Polignanoへ。


なんでも宇多田ヒカルさんがイタリア人の旦那さんと結婚式を挙げられた

教会があるらしいで。


すまんな、にわか情報で。

芸能系はよく知らんねん。



P1240348[1]

バーリから電車で30分位。



P1240350[1]

Polignano駅から15分位歩いて旧市街、海方面へ。



P1240363[1]

あいにくな天気やったけど、早速お昼ご飯へ。

こちらもあいにくオフシーズンなので、ほとんどお店が閉まってる。

オープンしてるレストランの中から選んで直感で、普段だったらまず入らない様な

海沿いのレストランへ。



P1240416[1]

アンドリア(Andria) のBurrata(ブッラータ)と生ハム。

アンドリア(Andria)はBurrata(ブッラータ)の名産地で有名。

このチーズ、賞味期限は極度に短く、大袈裟な話冷蔵庫に入れたら

周りが硬くなって美味しくなくなるので、作って数時間以内に食べんとあかんらしい。


「必ず今食べます、絶対今喰ってやる」と言う強い意志と瞬発力の必要なチーズ。



P1240418[1]

キャー 

超美味しい。


今度はアンドリア(Andria)に出向いて、超出来立てを食べるプランを計画せんとあかんな。




P1240412[1]

イタリアの野菜は色が濃くて生命力を感じる。



P1240414[1]

この直径2cm位のただ焼いた芋、甘くてやたらと美味しかった。



P1240422[1]

イカ墨Orecchietteとトマトのパスタ。



P1240427[1]

ピスタチオソースの大アサリパスタ。



P1240433[1]

ん~

どうかな?


と思って入ったレストランだったけど、美味しかったので幸せ。



Meraviglioso





P1240434[1]

食後、Polignano旧市街をお散歩。



P1240440[1]

ここが宇多田ヒカルさんが結婚式を挙げた地味な教会。


ま~ スポットライトを浴びる生活をしてたら地味な事に憧れるやろね。



P1240436[1]

旧市街をウロウロ。



P1240459[1]

寒いし天気も悪いので人は少ない。



P1240468[1]

人混みが嫌いな僕にはちょうど良い。



P1240471[1]

強風吹き荒れる海辺を散歩。

髪の毛ボーボー。



P1240473[1]

宿のオバちゃんお勧めのPolignano、カワイらしい町やった。





P1240226[1]

こちらもバーリから日帰りで行ってきたAlberobello。

こちらはもう、とんがり屋根のトゥルッリで有名な町やね。


バーリから電車でオフィシャルタイムで1時間30分位の予定。

ここはイタリアタイムなので2時間30分で到着。


まぁ~ 進まへんのですよ、電車が。

日本人感覚は捨ててね


P1240203[1]

到着後、いきなり昼ごはん。

野菜不足の為、生野菜を注文。

ジャイアントフェンネル四分の一カットと人参。

コレはすごい、野菜感満載。



P1240207[1]

猪のソーセージ、マッシュルーム、トマトのFricelli。



P1240208[1]

カボチャ、ペコリーノチーズ、ソーセージ、トマトのstrascinati。



P1240212[1]

店員さん、親切やしパスタも美味しいよ。

La Cantina




P1240216[1]

午後2時頃の町並み、そして角刈りの木。

みんな、シエスタ中。


人もあまり歩いて無くて静か。



P1240218[1]

駅から歩いて15分位でトゥルッリ地区に到着。

まぁ かわいらしい。



P1240233[1]

お土産物屋さんもイッパイあって、アルベロベッロ在住の日本人奥さんが

してはるお店もあったで。



P1240274[1]

まぁ オフシーズンなので閑散としとります。



P1240275[1]

この、わりと狭い町に年間100万人位観光に来るらしい。

オフシーズンでよかった・・・



P1240279[1]

アルベロベッロ駅に向う途中のカフェ休憩。


時間の流れがゆっくりなので、ボ~~としていた・・・



と、言いたい所やけどカフェしてる途中も嫁がうるさい。



嫁「なんか、しゃべれ」

嫁「なんか、おもろい事言え」

嫁「なんか、芸しろ」


って。








関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP