Brussels へ小旅行

旅行

年末はあまり遊びに行けなかったので、年明けに1泊2日でブリュッセルに行ってきた。


旅行に行ったって言うか、食べに行ってきた。



P1120304[1]

チョコ&スイーツの街ブリュッセル。





P1120253[1]

到着が昼過ぎだったので早速お昼ご飯を食べに行く。





P1120242[1]

この日のお昼ご飯はケーキで。

モンブラン、ミルフィーユ、そしてこのお店の売りのワッフル。

英語でWaffle、フランス語ではGaufre。






P1120249[1]

ついでにクロワッサンも。

朝の時間帯に食べると、ここのクロワッサン結構美味しいと思うわ。





P1120236[1]

ケーキも美味しかったが、やはりこの店の看板商品のGaufre(ゴーフル)が

一番美味しかったわ。



Meert
Galerie du Roi 7 | Koninginnegalerij 7
Brussels 1000, Belgium
Tel +32 2 503 29 44






P1120290[1]

よくある、触って願い事をすると願いが叶う?ってやつ。

僕はブリュッセルに来る度にペタペタ、ペタペタ触ってる。





P1120296[1]

大人気の小僧。


ん?





P1120292[1]

犬連れ?






P1120315[1]

日が暮れるまで散歩した後、夕食へ。

このメリーゴーランド、個性的でセンス良いよ。

場所はチャイナタウンの方。





予約しておいたレストランへ。

P1120345[1] P1120347[1]

メニューは3品のコースで、選択制。

で、37€やったかな。


お通し。

カプレーゼ風の小鉢、キノコの クレーム・ブリュレ。






P1120350[1]

ロブスターのカルパッチョ。





P1120353[1]

ロブスターのフライ。


ロブスターの前菜は+5€。





P1120356[1]

フォアグラと海老を包んだ料理。





P1120358[1]

鴨ロースのグリル。





P1120363[1]

フィレステーキ、フォアグラ、トリュフ。

これは+10€。





P1120370[1]

プロフィットロール。





P1120373[1]

奥さんはチーズの盛り合わせを注文。

外人でもないのにデザートでチーズ盛りって無茶苦茶しよるな・・・

って思った。





P1120375[1]

カプチーノとプチフール。





P1120378[1]

コースを2つと、水、グラスワインで100€ちょっと。

場所も中心地でとても利用しやすいレストランですわ。



Le Rossini
Boulevard Adolphe Max 7 | Debrouckere
Brussels 1000, Belgium
Tel +32 487 84 67 83






P1120380[1]

翌朝は少し早く起きてホテルのジムで汗を流し、その後サウナ。

11時半にチェックアウトし、Wittamerさんで朝ご飯。





P1120385[1]

モンブラン。

中がメレンゲじゃなく下がタルト、中心が桃入りのクリームなので自分好み。






P1120386[1]

クロワッサンとパン・オ・ショコラ。





P1120397[1]

ローストビーフサンドイッチ。





P1120398[1]

ベルギーの伝統菓子、ミゼラブル。





P1120407[1]

美味しかったわ。

でもちょっと、朝から甘いもん食べすぎた気もする。



Wittamer
Place du Grand Sablon 12-13
Brussels 1000, Belgium
Tel +32 2 512 37 42






P1120425[1]

さて、ランチ。

立ち喰いのシーフードレストランへ。

お約束の牡蠣。





P1120422[1]

シーフードのスープ。





P1120419[1]

ムール貝のエスカルゴソース。

コレと、白ワイン、パンで結構いける。





P1120433[1]

ホタテのグリル。





P1120441[1]

チョリソーのグリル。
(ピリ辛ソーセージ)





P1120445[1]

2人で50€くらい。

ソフトドリンクは売ってないので近くのキオスクで購入可。



ABC Poissonnerie
Rue Sainte-Catherine 46,
Brussels 1000, Belgium
Tel +32 487 94 64 85






P1120450[1]

食べすぎな気もするが、カフェ休憩。

ブリュッセル風ワッフル+ブラウンシュガー。


ブリュッセル風ってのは甘みが少なく、生地が軽い感じの物。

リエージュ風ってのは甘くて、生地がしっかりしてる物らしいで。





P1120455[1]

自分へのお土産で、こちらのお店の有名クッキーも購入。





P1120457[1]

日本人のお客さんがいっぱい来てはる。




Maison Dandoy – Galeries
Galerie du Roi 2 | Galeries Royales Saint-Hubert
Brussels 1000, Belgium
Tel +32 2 669 52 12





P1120464[1]

家に帰宅後、試食。

硬い感じのクッキーで、ただ甘いだけではなく

個性的で美味しかったで。

さすが、200年近くの伝統やな。








関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP