Bischofsmütze kürbis(司教の帽子)のグラタン

夜ご飯

今日の晩御飯。


『Bischofsmütze kürbis(司教の帽子) のグラタン』


Bischofsmütze kürbisは司教の帽子って呼ばれてるカボチャの一種な。


秋が深まって来てから家の装飾品の一つとして買っておいた物ね、コレ。


もう12月やからそろそろ食べんと。



DSC_0239[1]

飾ってはいたけど食用のカボチャやで。




DSC_0233[1]

「何か詰めてくれ」 みたいな見た目なのでご要望通り詰めた。


ただね、二か月近く部屋に飾ってたと思うんで情が沸いてしまって

調理に取り掛かる時はエモーショナルやったわ。





DSC_0244[1]

レシピ

牛ミンチ     120g
カボチャの身   適量
玉ネギ      小1個
牛乳       230~
小麦粉      15g
バター      15g
塩、胡椒     少々

作り方

1.カボチャを半分に切ってラップをし電子レンジでチンする
2.包丁、スプーンで身をほじくる(ほじくった身は適当にカット)
3.フライパンにバターを入れ、牛ミンチ、玉ネギ、カボチャの身を炒める
4.小麦粉、バターを入れて炒める
5.少しずつ牛乳を入れて伸ばしていく
6.塩、胡椒で味を調整し、くり抜いたカボチャに詰めてオーブンへ
7.途中、オリーブオイルを混ぜたパン粉とピザチーズを乗せる
8.パン粉が色づいてきたら出来上がり





DSC_0251[1]

カボチャの味自体はね。

まぁ・・・




DSC_0254[1]

味はね、HokkaidoとかSweet Mamaの方がイケてると思う。







関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP