家で、のり弁

夜ご飯

学生時代はよく食べた。

かまどや弁当とほかほか弁当。


ちょっとリッチな気分の時はほか弁。

唐揚げな気分の時は、量が多いのでかまどや弁。

パチンコなんかでちょっとだけ勝った時は、かまどやの大関さん弁当。

仕送りの日は、ほか弁のチキン南蛮のおかずとのり弁、もしくはかき揚げ丼。


パチンコ、競艇で大勝ちした日はみんなで餃子の王将かセブンイレブンチャンス。

注)セブンイレブンチャンス
パチンコで勝ったヤツが、同室のヤツ、後輩などにセブンイレブンで好きなだけ奢ってやるって言うシステム。


思い出してると甘酸っぱい青春時代が蘇ってくる。

ほとんど酸っぱい事ばかりやったけど。




P1080233[1]

そんな事を考えていたら、のり弁が食べたくなったので

今日の晩御飯はのり弁。


ご飯に醤油カツオと白ゴマ。

キンピラはゴボウが無かったので無し。

竹輪もこちらでは超高級食材なので無し。





P1080236[1]

のり、白身魚のフライをのっけて。




P1080250[1]

タルタルソースも。

昔のほか弁では、たしかタルタルソースは別売りで20円やったと思う。


学生時代はお金が無かったので

「20円・・・ どうしよっかな? タルタル付けよっかな? どうしよう?」


20円を躊躇っていた頃が懐かしい。





P1080252[1]

これに後はウスターソースかけて食べるねん。





P1080264[1]

美味しかったのは美味しかったけど

昔に食べた、昔エッセンスの入っている「ほか弁」の方がやっぱり美味しかった気がする。

悩みに悩んで別途20円で付けたタルタルも付加価値が付いていて尚更。








関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP