Staub鍋で作るチキンのレモン蒸し焼き

夜ご飯

写真が全く美味しそうには見えへんけど美味しかった晩御飯。

Staub鍋を使った簡単料理。


自分で考えて作ったんじゃなくって、Staub社さんが出していたガイド本を見て

なんとなく真似して作った。



P1120725[1]

いや~

しかし、ホンマに特に美味しそうに見えへん。


本物(Staub社さん)のんは、美味しそうやからそれを見て作った方がいいぞ。






P1120711[1]

材料

骨付き鶏モモ肉     2本
赤玉ねぎ         1/2個
レモン           1/2個
ブロッコリー        好きなだけ
パセリ           好きなだけ
白ワイン          50cc
オリーブオイル      適量
塩、胡椒          適量






P1120722[1]

作り方

1.フライパンにオリーブオイルを入れ鶏肉を良い色になるまで焼く
2.1をStaub鍋に移す
3.玉ねぎ、レモン、塩、胡椒、白ワインを入れて蓋をし弱火に10分かける
4.3にブロッコリー、パセリを入れ更に10分弱火にかける
5.完成


Staub社さんのカタログ本ではタイムとインゲンを使用していらっしゃる。

僕は下記の理由でパセリとブロッコリーを使用。


「タイムは食べられへんけどパセリは食べれるっしょ」

「ブロッコリーはスーパーでお買い得商品やったから」







P1120729[1]

塩、胡椒はチョット強めでいいと思うで。






P1120737[1]

この日は奥さんがクルミパンを焼いとったのでそれと一緒に。


ほぼ、ほったらかしにして20分位で焦がすことも無く簡単に作れるからええよ。


ちゃんと美味しかったし。







P1120748[1]

先日、画の心得はないけど美術館へ行ってきた。

今、ムンク展をやってんねん。






P1120751[1]

ムンクの画っていっても知ってるのは「叫び」ぐらい。

でも、その「叫び」は今回の展示会に来ていない。

オスロ国立美術館でお留守番らしい。






P1120752[1]

色の使い方が独特な感じやった。






P1120753[1]

結構な数の作品を展示しとったで。






P1120756[1]

ムンクさんの自画像。

アルコール依存症で精神を病んでた時期もあったらしい。

ムンクさんの歴史を見てみると、決して幸せそうな人生では無かった様やね。


人生最後に帳尻が合うって一般的に言われてるけど、そうは思わへんな。

ツイてる奴は最後までツイてる。









関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP