仔牛の肩回りの肉の西京焼き

夜ご飯

今日の晩御飯。


『仔牛の肩回りの肉の西京焼き』。


先日の晩御飯でカツにした肉と同じやつな。



DSC_0787[1]

漬けたのは一週間くらい前やったかな。

西京味噌漬け床レシピ

西京味噌    200g
味醂       大1
酒        大1

漬ける前に漬ける魚や肉に薄塩して、要らん水分を抜いてからやで。

そうせんと味がボケた感じになるから。




P1380647[1]

Falsches Filet von Kalb(偽物のフィレ)。

偽物って言うと、なんか悪い事しとる気になるな。

でもコレ、ちゃんとした仔牛の肉やで。




DSC_0777[1]

味噌をぬぐい取ってオーブンへ。

200℃~220℃位かな、焼いたの。

オーブンが壊れかけなので不明。

壊れかけ壊れかけと言いながら、よう頑張ってるわウチのオーブン。




DSC_0801[1]

肉だったら豚の肩ロースとか、豚バラ肉(家で漬けた事は無い)、脂が多少

多い肉の方が美味しいと思うわ。

そういう意味では今日の肉はチョット違うんやけどね。




DSC_0797[1]

早食いの我が家。

ゆっくり食べんと身体によくないので

添え物をあえて箸で食べにくい豆の炒め物にしてみた。


無駄な抵抗やったわ。

今日も食べるの早かったと思う。


美味しかったよ。

でも、個人的には西京焼きはサワラが一番や。






関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP