11月 日本 広島へ

生活日記

以前から関西在住の義理のお母様が「宮島に行きたい、行きたい」言うとったのでお連れした。

お母様到着後、まずお好み焼きを食べに行った。



P1000625[1]

今回はこちら。

広島駅から歩いて10分位の所にある、まるめん本店さん。

製麺所と同じ建物になっている。

いその製麺さんの経営でしょう。




P1000610[1]

店内からは製麺所の様子を見ることが出来る。




P1000615[1]

という事で、いつもの豚玉そばダブルを注文。




P1000619[1]

ん~ 美味しそう。

麺をよく焼いてる系のお好み焼きで、美味しかった。

やっぱ広島のお好み焼きは美味しい。



お好み焼き まる麺 本店
広島市東区東蟹屋町18-15 磯野製麺2F
TEL 082-298-8903





P1000627[1]

食後、植物好きな義母を縮景園にお連れした。

縮景園とは、広島藩主が1620年に別荘の庭園として作った場所。





P1000633[1]

緑が多くて良い場所やで。

この日は文化の日やったので入場料無料。

ラッキー。




P1000636[1]

きれいな場所っしょ。

でも、ビルがいらん。





P1000654[1]

ん~ マジでビルいらん。



縮景園
広島市中区上幟町2-11
Tel 082-221-3620






P1000841[1]

夜は僕の母親も合流し、4人仲良く広島の老舗料理屋、酔心さんへ。




P1000679[1]

広島で二番目に美味しいって言う文句の意味は

一番はお家のご飯、っていう事らしい。

な、広島の人は謙虚やろ。




P1000690[2][1]

メニュー。




P1000708[1]

義母も関西から来てるし、バランスよく広島の物が食べれるからコレにしよ。




P1000682[2][1]

先付け。




P1000688[2][1]

造り。

サメ、タイ、鰹、だったかな?




P1000694[2][1]

鍋。

良い出汁が出てて美味しい。




P1000695[2][1]

焼き物。




P1000701[2][1]

揚げ物。

小鰯、タコ、穴子の天麩羅。




P1000703[2][1]

蒸し物。

牡蠣のパイ包み焼き。




P1000704[2][1]

コレがまた、濃厚牡蠣出汁が出てて美味しい。




P1000713[2][1]

御飯物。

釜飯の具は追加料金で変更可。




P1000716[2][1]

やはり4人とも牡蠣で。




P1000720[2][1]

美味しかった。




P1000723[2][1]

デザート。


各料理それほど量は多くないけど、終わってみると腹いっぱい。


県外の人を接待するのに良いと思います。



酔心 本店
広島市中区立町6-7
Tel 082-247-4411





P1000728[1]

翌日4人で宮島へ。

宮島へ渡る前にお約束の、あなご飯「うえの」さんへ。

こちらは人気店なので、ツボにはまると2時間待ちとかになる。

10時開店やから、9時半位に行って待っとった。




P1000729[1]

あなごの白焼き。




P1000737[1]

宮島に渡って色々食べんとアカンから特上はやめて、あなごめし上を注文。

いつも通り美味しかったわ。



あなごめし うえの
広島県廿日市市宮島口1-5-11
Tel 0829-56-0006





P1000764[1]

宮島へ。

フェリーで10分。




P1000749[1]

本能のまま、食べたい物から食べていこう。




P1000752[1]

あなごの竹輪。

プリプリやで。




P1000754[1]

お約束の焼き牡蠣。




P1000758[1]

見てのまま、超プリプリ。

この牡蠣がスポーツ選手だったら間違いなくステロイドを疑われると思う。


スゲ~ 美味しい。




P1000815[1]

もみじ、キレイやろ。




P1000797[1]

植物好きな義母を、もみじ谷へお連れする。

植物が好きなのでチームワークを乱し、一人でウロウロ歩き出す。




P1000804[1]

慣れないカメラでのジオラマモード撮影。

なんか、酔いそう・・・




P1000828[1]

しこたま歩き回った後、藤い屋さんにて休憩。

アツアツのもみじ饅頭(漉し餡)と緑茶。




P1000831[1]

追加で違う味のもみじ饅頭を注文。

漉し餡のみ、アツアツでの提供。


アツアツの漉し餡もみじ饅頭食べてみてな、美味しいで。









関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP