イタリア旅行 Orvieto(オルヴィエート)編

旅行

先日連休が取れたので前から行きたかったイタリアのOrvieto(オルヴィエート)へ行って来た。

あとローマも。

美味しいもの食べる気満々で。



P1020497[1]

ここオルヴィエートには2泊はしたかったけど時間の都合上1泊で。





P1020590[1]

ローマから電車で1時間30分。

午後3時頃到着。





P1020433[1]

ホテルにチェックイン後、なんやらかんやらしとったら、「あっ」ちゅう間に夜ですわ。





P1020441[1]

夕方のお散歩を楽しんだ後、晩御飯へと向う。

目的地はココ、Palombaさん。

最早有名店ですなここは。





P1020447[1]

酒は弱いくせに、いちびって赤ワインをチビチビやりながらメニューを決める。


本当は来る前からすでに何を食べるか決めている。

予習バッチシ。





P1020452[1]

まず前菜でトリュフカルボナーラ。

卓上にトリュフが飛び散るほどテーブルの上でシャカシャカとスライスしてくれる。

意外とアッサリとしていて美味しい。





P1020455[1]

Umbrichelli(ウンブリケッリ)のアラビアータ。

ウンブリケッってのは、この地域で食べられている生パスタ。

どこか日本の讃岐うどんの様な味わいで、こちらも美味しい。





P1020460[1]

メインの牛フィレ肉の赤ワインソース。

肉ムッチャ柔らかい。





P1020462[1]

牛フィレ肉のトリュフソース。

しょうもない添え物とかは無し。

故にごまかしが効かないとも言える。

この潔さがいい。





P1020465[1]

デザート。

パンナコッタのブルーベリーソース。

とても美味しい。



お満足。


「純粋にとても良いお店」、って表現になりますな。



人気店やから予約は必要やで。


オルヴィエートに来たら食べに行った方がいいぞ。




Trattoria La Palomba
Via Cipriano Manente,16 – 05018 Orvieto
Tel +39 0763-343395







P1020509[1]

翌朝は早く起きて一人で人気の無い街中を散歩。





P1020478[1]

早朝はまだまだ寒いけど気持ちいい。





P1020571[1]

やっぱ早朝の散歩は一人に限るわ。

奥さん早く起こしたら、うるさいからな。





P1020515[1]

カフェで朝食。

写真左上に写ってる紙袋は奥さんに買って帰る用のクロワッサン。

自分で言うが、聖母マリアくらい優しい。





P1020502[1]
P1020503[1]

オルビエート大聖堂。

教会前正面からの写真が、うまく一枚に入りきらなかったので上下に分けて写真を撮ってみた。

微妙・・・


なんかウケる。





P1020577[1]

遅めの昼食へ。

ポルケッタのパニーニ。


結構デカい。





P1020580[1]

モタデッラと水牛のモッツァレラチーズのサンドイッチ。

モッツァレラが、ばり美味しい。

こちらもボリューム満点。





P1020582[1]

お満足。




Antica Bottega al Duomo
Via Pedota 2, 05018, Orvieto, Italy
Tel +39 0763 341366









関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP