RIGATONIでカルボナーラ

夜ご飯

この前行ってきたローマのお店のマネをしてRIGATONIでカルボナーラを作ってみた。

この辺でGuanciale(グアンチャーレ)は手に入らへんからパンチェッタで。



P1030143[1]

個人的にはSPAGHETTIよりもRIGATONIの方が確かにカルボナーラには合ってる気がする。


カルボナーラって入れてるベーコン?の種類によって大きく味が左右する。

グアンチャーレはベーコンなんか?


ベーコン・・・豚肉を塩漬けした食肉加工製品の一種。
パンチェッタ・・・塩漬けした豚バラ肉、俗に言う生ベーコン。
グアンチャーレ・・・豚トロを塩漬けにして2、3週間熟成させたもの。


ん~

各種定義してみると、ベーコンと呼んで差し支え無さそうではあるな。

まぁ 入れてる肉によって大きく違うっちゅう事ですわ。





P1030120[1]

RIGATONI、PECORINO ROMANO、PANCETTA。





P1030125[1]

パンチェッタを1cm大に切って、フライパンでゆっくりと炒める。


色んな方の色々な料理ブログを見て、いつも思ってるのは

みなさん料理作りながら写真どうやって上手に撮ってんねんやろ?って事。


という事で皆さんの様に写真が上手に撮れるかどうか頑張ってやってみた。






P1030131[1]

すでに玉子を投入してるので全く気が気でなく、焦点も合わず影もバッチシ。




P1030132[1]

本当はやね。

卵黄4個分投入。

火を入れ過ぎて炒り玉子パスタにならん様に気をつけてな。



の様に余裕をこいて料理を作ってる感じでやりたいが、写真撮るのでいっぱいいっぱい。


焦ってるので、カメラもテーブルに「ガツン」と置いてしまうし。


カメラ最近買ったばっかりやので”OH  MY ゴッド!!”


ですわ。






P1030135[1]

すでにテンパッてるので奥さんを呼んで、写真撮影を依頼するが

「食べる事が我が全て」なので


適当。






P1030139[1]

僕は右手でシャッター、左手で混ぜ混ぜ、奥さんはスマートフォンでパリの美味しいお店を検索中。





P1030149[1]

紆余曲折あったけど、どうにか完成。


ほんま、皆さん凄いと思うわ。

きれいな写真でレシピ、作り方等ブログであげてるの。





P1030156[1]

いやー

実際、美味しかった気もするんやけど

パンチェッタありきの気もする。









関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP