肉詰めピーマン

夜ご飯

中身が空っぽだったからパプリカと呼ばれていた。

そんな青春時代もあったな・・・



さて、トルコの八百屋さんでピーマン買って来た。


品種が日本の物に近いので日本のピーマンが食べたくなったらたまに買っている。

と言っても日本のんとは少々味が違うんやけど。




P1050173[1]

材料

ピーマン    
合挽き肉
玉ネギ
パン粉
小麦粉
牛乳

塩、胡椒

*柔らかめのハンバーグの具的な感じで適当に作っちゃっいましょう。


タレ

醤油       40g
味醂       10g
酒         20g
砂糖       10g
水         40g
胡麻油      10g






P1050171[1]

作り方

1.ピーマン半分に切って掃除し、小麦粉をまぶして上記のハンバーグの具を詰める
2.フライパンに油を敷いて焼く
3.おおかた火が通ったら上記のタレ混ぜた物(胡麻油以外)をフライパンに入れて軽く煮詰める
4.少しトロミが付いたら火を止めて胡麻油を入れる

*煮詰め具合はお好みで
(煮詰めすぎると、しょっ辛いで)





P1050196[1]

なかなか良いビジュアルやね。





P1050184[1]

とりあえずピーマンには詰めたけど、「ハンバーグとピーマン焼いたので良いんじゃない?」

とは思った。


でも、まっ、美味しかったわ。









関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP