フランス パリ旅行 モネさん家 

旅行

マラソンの翌日、この日の予定はモネさん家への訪問。

パリ市内から電車で1時間位。



P1040106[1]

それにしても脚が痛い。




P1040465[1]

ジベルニー駅に到着。

ココから写真に少し写っている、絵に描いたような観光用連結車両に乗って

モネさん家へ。





P1040387[1]

モネ邸。

モネさんチューリップが好きだったらしいで。





P1040400[1]

チューリップ好きで、やや気難しく、近所の人にはそんなに好かれてなかったらしい。

By 本。


まぁ、個性的じゃないとこの業界務まらんだろう。




P1040393[1]

ワシの好きな画がある。

白いドレスのパラソルをさした女性の画。

なんや知らん、小学生の時ファンだった夏目雅子さんを連想させるねん。





P1040411[1]

浮世絵がいっぱい飾ってあった。


日本画も好きだったらしい。




P1040419[1]

ご飯を食べる部屋かな?

黄色一色で、少々落ち着かない。





P1040420[1]

キッチン。

カッチョいい。

家のキッチンもコレにしたい。





P1040423[1]

モネさん、そんなに食いしん坊ではなかったらしい。

作ったくれた物を何も言わず食べてたみたい。

By 本。




P1040438[1]

さて、家の近くの池へ。

おぉ、雰囲気がすごく「睡蓮」。





P1040443[1]

誰がどう見ても雰囲気がモネの画。





P1040450[1]

徒歩数分はなれた所には美術館。

いいよ、ココ。


すまん、美術の知識が無さ過ぎて適切に表現できへん。





P1040451[1]

美術館から徒歩10分はなれた所にはモネさんの眠る教会。

お墓もあった。


パリからの日帰り旅行にはちょうど良い距離。

一度は来てみたかったので、大満足。





パリに戻ってきて晩ご飯。

連日のパン、ケーキ、あとマラソン前のうどんの小麦粉攻めで内臓がお疲れ気味。

胃、大腸にグルテンがこびり付いてる様な感じなので、この日は軽めな

感じのレストランへ。



P1040477[1][1] P1040471[1][1]

サーモンのセビチェ、アボカドディップのナチョス。




P1040473[1][1] P1040482[1][1]

鴨肉、コダラのリエット。




P1040480[1][1] P1040485[1][1]

チーズソースのパスタ、野菜のオープンサンド。




P1040466[1]

料理のポーションが小さいので、ワインと料理で居酒屋使いが可能。

店員さんがとても親切やで。



Les Apotres de Pigalle
2 rue Germain Pilon 75018, Paris
Tel +33 6 51 21 69 66








関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP